人を知る

社員の声のインタビュー:リフォームアドバイザー

藤本さん

性別:男

雇用形態:正社員

職種:リフォームアドバイザー

入社のきっかけや決め手
自分自身をより成長させ、楽しさややりがいが見いだせる会社を探していました。もともと建築には興味がありましたが、今からやっていけるだろうか不安の中での転職活動でした。そんな中、福山市のリフォーム・住宅メーカーで探していた中のひとつがハッピーホーム(現:ラックス不動産)でした。面接当日「職業体験がしたい」と勝手を申し出た私をすんなりOKしていただき、会社や仕事内容を1日見学することができました。ハッピーホームは、一人一人の役割がしっかりとしている反面、社内でのコミュニケーションを大切にしている会社で、ここで働けば、より早くより大きく自分を成長させてくれると感じ入社を決めました。
仕事の楽しさ・やりがい
リフォーム営業は座学も必要ですが、一番は経験が必要だと思っています。体も頭も使うので、しんどい部分はありますが、初歩的な質問でも笑いながら教えてくれるやさしい職人さんに囲まれ、経験が増えれば増えるほど、自分の出来ることが増えたと成長を実感できます。自分がトンカチを持つわけでもないですが、お客様の暮らしの一部分を担うことが出来き、リフォームが完成した時のお客様のリアクションを見た時の達成感は快感です!
会社魅力 これから応募する方へメッセージ
リフォーム営業と聞く「the営業」というイメージが強いですが、当社はチームとして目標達成に向け動くことを大切にしています。一人一人が皆のサポート役であり、役割の中では一人一人がリーダーとして働く、そんな会社です。私は「営業」として入りましたが、お客様と設計・事務スタッフや現場で作業する職人さんをつなぐ「フィルター役」のような役割だと感じています。営業職に興味があるけど、競争じゃなくチームワークを大切にしながら働きたい方に向いた職場です。

社員の声のインタビュー:不動産エージェント

松井さん

性別:男

雇用形態:正社員

職種:不動産エージェント

入社のきっかけや決め手
◎責任感・使命感がやりがいに、一生続けていける仕事
30歳を過ぎ、一生の仕事と思い、学生時代から興味を持っていた不動産業界に飛び込みました。大学卒業後は別の仕事をしていましたが、「人の役に立ちたい」という想いと、住生活に関わりたいということはずっと心のどこかに残っていました。「住まい」は生活するための場所だけではなく、家族の幸せを育む場所だと思っています。その幸せの起点となる場所を共に見つけていく、造っていくことで、多くの人の役に立てるのではないかと考えました。どんな仕事であれ何かしら誰かの役に立つものだとは思いますが、そういった想いから不動産営業の仕事に就きました。異業種からの転職でしたが、あの時、思い切って一歩を踏み出して良かったなと思っています。
仕事の楽しさ・やりがい
◎お客様からの「ありがとう」という言葉に深みを感じる
この仕事の一番の魅力は、お客様の人生の一大イベントに関われることですね!マイホーム購入は多くの人にとって人生で一度の最も高価な買い物かと思います。また、売却のお手伝いをさせて頂く事もありますが、大切なご資産を売却するということはお客様にとって簡単な決断ではないことを感じています。だからこそ、僕に頼って頂けること、任せて頂けることにとても責任を感じますし、同時にそれが大きなやりがいにもなっています。様々な専門知識が必要で決して楽な仕事ではないですが、その分お客様からの「ありがとう」という言葉に深みを感じます。
多種多様な不動産を取り扱うことができるのも、不動産営業の楽しさの一つだと思います。大袈裟に言えば、日本中の不動産を取り扱うことができるのです!ひとつとして同じ不動産はないので、夢が広がり自身の成長にも繋がる仕事だと思っています。
会社の魅力
スタッフ間の垣根がないこと。社長含め役職者と一般社員の間でも意見を出し合えることです。その中でいいものであれば採用してもらい実行に移せるし、各スタッフが自分で考えて行動に移しやすい環境だと思います。組織なので最低限の規則や決まりごとはありますが、いい意味で縛りがなく自由な社風だと思います。
このサイトを広める